「コンパクトハウスに住む」小さな家のリノベーション|施工例|R HOME(アールホーム)

Gallery

「コンパクトハウスに住む」小さな家のリノベーション

  • 玄関入ってすぐのローカ突き当りに洗面台を持ってくる大胆なリノベーション

    玄関入ってすぐのローカ突き当りに洗面台を持ってくる大胆なリノベーション

  • 玄関ドアも新調、工事前とは雰囲気は全く異なる

    玄関ドアも新調、工事前とは雰囲気は全く異なる

  • 狭かったキッチンスペースはL型キッチンで収納力もカバー、洗面入り口の位置は変えないでの施工

    狭かったキッチンスペースはL型キッチンで収納力もカバー、洗面入り口の位置は変えないでの施工

  • 決して広いとは言えないが窓の位置も変えないで湿式の浴室からユニットバスへ変更

    決して広いとは言えないが窓の位置も変えないで湿式の浴室からユニットバスへ変更

  • 2部屋に仕切られていた空間は思い切って広いリビングルームへ変更

    2部屋に仕切られていた空間は思い切って広いリビングルームへ変更

  • 南側に家が接近しているため少しでも部屋を明るくとの配慮で床を明るめの色に

    南側に家が接近しているため少しでも部屋を明るくとの配慮で床を明るめの色に

  • トイレも清潔感のある仕上げに

    トイレも清潔感のある仕上げに

  • 階段は少し急ですが手摺の補強と塗装工事で雰囲気は明るい雰囲気に、玄関入ってすぐ見えるところだけにこういう工事は大事です。

    階段は少し急ですが手摺の補強と塗装工事で雰囲気は明るい雰囲気に、玄関入ってすぐ見えるところだけにこういう工事は大事です。

  • 2階の和室、畳を替えて襖をやり替え、壁を塗ったので見違えるような明るい部屋になりました。

    2階の和室、畳を替えて襖をやり替え、壁を塗ったので見違えるような明るい部屋になりました。

  • 2階のもう一つの和室、作り付けの収納も白に塗装で雰囲気は明るくなりました。

    2階のもう一つの和室、作り付けの収納も白に塗装で雰囲気は明るくなりました。

  • 以前は台所と和室が階段下でドアを挟んで分かれてましたが、今回はつなげて使うことにしました。

    以前は台所と和室が階段下でドアを挟んで分かれてましたが、今回はつなげて使うことにしました。

  • ほんとにコンパクトな家で、玄関すぐそばに洗面台があります、それだけにイタリアのデザイン性のあるものを採用。

    ほんとにコンパクトな家で、玄関すぐそばに洗面台があります、それだけにイタリアのデザイン性のあるものを採用。

  • 余計なブロック塀を撤去、玄関ドアも替えて外壁は吹き付けし直しました。

    余計なブロック塀を撤去、玄関ドアも替えて外壁は吹き付けし直しました。

  • 玄関ドアを開けてすぐの様子、階段の塗装で雰囲気はずいぶんよくなりました。

    玄関ドアを開けてすぐの様子、階段の塗装で雰囲気はずいぶんよくなりました。

  • 以前は無かった選択置き場スペース、昭和の家はまだまだ外に洗濯機置くところの家もありますよね。

    以前は無かった選択置き場スペース、昭和の家はまだまだ外に洗濯機置くところの家もありますよね。

  • 駐車スペースは普通車1台、ブロック等を取り払うと敷地も広く感じる

    駐車スペースは普通車1台、ブロック等を取り払うと敷地も広く感じる

  • 階段下を収納にしてキッチンと繋げることで広いLDKを確保

    階段下を収納にしてキッチンと繋げることで広いLDKを確保

  • 工事完成写真 上段左から〇外観写真、〇階段室、〇DK写真、写真下段左から〇ユニットバス、〇L型キッチン、〇階段下を抜いてキッチンと続きで使うLDK

    工事完成写真 上段左から〇外観写真、〇階段室、〇DK写真、写真下段左から〇ユニットバス、〇L型キッチン、〇階段下を抜いてキッチンと続きで使うLDK

  • 工事前の写真 上段左から〇外観写真、〇階段写真、〇リビングになる前の仕切られた2部屋、下の段左から〇湿式の浴室、〇キッチン、キッチンから階段下を通っての和室

    工事前の写真 上段左から〇外観写真、〇階段写真、〇リビングになる前の仕切られた2部屋、下の段左から〇湿式の浴室、〇キッチン、キッチンから階段下を通っての和室

工事に取り掛かる前に見たこの家の印象は「狭い・暗い」でした。

ブロック塀も敷地ぐるりにたっており、駐車スペースはありませんでした。小さいながらも何とか「使い勝手の良くて明るい家」に作り替えようの名のもとにこの家のリノベーションに取り掛かりました。

まず室内で驚いたのが洗濯機置き場が家の中に無いことと、キッチンで服を脱いで浴室に入るスタイルでした。今の平成の時代にそんな家建てる人いません。じゃあどうするか?

キッチン横に脱衣所と洗濯機置き場を作ること、幸い南西にあった和室の収納とキッチンにあった収納を合わせて畳1畳の空間が取れました、ここに洗濯機を置いてもう残りを半畳の脱衣スペースにしたのです。

じゃあ洗面台は?ということで玄関入ってすぐの右のローカ突き当りに洗面台を置きました。玄関入ってすぐにそれは見えませんが、いったん上がり込むと丸見えになります。そこでイタリア製の人工大理石のデザイン性のある洗面台を設置することにしました。

全体的な床の色は「白」を基調にしてますので家に足を踏み入れた瞬間「明るい」と皆さんが言ってくれたがうれしかったですね。以前の暗い家の面影は全くなくなりました。

小さな家ですがリノベーションで昭和の家の不便さを無くし、明るい清潔感のある家になったと思います。またこの家が長く住み続けられるのかと思うとなんか楽しくなります。

記事:坂本隆二

施工工事:有限会社丸興建装社 企画・販売:アールホーム 事業主:㈱ナカタ不動産 参考再生施工金額:6,800,000円(消費税・家具代は含んでいません)