「昭和の名作マンションをリノベーション」リノベプロジェクトⅡ 分譲マンションⅣ|施工例|R HOME(アールホーム)

Gallery

「昭和の名作マンションをリノベーション」リノベプロジェクトⅡ 分譲マンションⅣ

  • 玄関入ってすぐ横に広い多目的スペース。キッチンへもすぐに繋がってるので家事動線は抜群。

    玄関入ってすぐ横に広い多目的スペース。キッチンへもすぐに繋がってるので家事動線は抜群。

  • 白い壁と濃い色の床と天井が落ち着いた雰囲気を演出してくれます。左はどこまで土足なのか曖昧ですが住んでいただいた方にそのルールは決めてもらいます。

    白い壁と濃い色の床と天井が落ち着いた雰囲気を演出してくれます。左はどこまで土足なのか曖昧ですが住んでいただいた方にそのルールは決めてもらいます。

  • 玄関側からダイレクトにキッチンへ入った様子。縦長いLDKだが南北が繋がってるので風の通りも良いしどの部屋も明るく出来てる。

    玄関側からダイレクトにキッチンへ入った様子。縦長いLDKだが南北が繋がってるので風の通りも良いしどの部屋も明るく出来てる。

  • 吊戸棚は設けず、壁は手入れしやすい素材でシンプルに仕上げてます。キッチン横の扉の向こうに見えるベンチ収納は意外に使い勝手が良い。

    吊戸棚は設けず、壁は手入れしやすい素材でシンプルに仕上げてます。キッチン横の扉の向こうに見えるベンチ収納は意外に使い勝手が良い。

  • 以前は和室が南側に2間続いていましたが洋間とリビングに間取り変更。コンセント等も新しく儲け昭和の住みにくかった間取りが平成風に変化。

    以前は和室が南側に2間続いていましたが洋間とリビングに間取り変更。コンセント等も新しく儲け昭和の住みにくかった間取りが平成風に変化。

  • ダイニング横から引き戸を開けると4.5畳の和室。ここは現オーナーが正方形の畳を9枚敷き詰めてます。扉を外し手続きで使ってもモダンで良い感じに。

    ダイニング横から引き戸を開けると4.5畳の和室。ここは現オーナーが正方形の畳を9枚敷き詰めてます。扉を外し手続きで使ってもモダンで良い感じに。

  • リビング横の南西の洋間。1面の壁をシックな色に。落ち着いた感じの寝室になる。

    リビング横の南西の洋間。1面の壁をシックな色に。落ち着いた感じの寝室になる。

  • 和室の時は押入れだったがリノベ後は全くその面影は無い。

    和室の時は押入れだったがリノベ後は全くその面影は無い。

  • ダイニングのドアを開けて玄関を見た様子。玄関ドアは分譲マンションの場合交換できないため室内の雰囲気に合わせて塗装。なんとこのマンションはウェルカムドアで、内側に開く。

    ダイニングのドアを開けて玄関を見た様子。玄関ドアは分譲マンションの場合交換できないため室内の雰囲気に合わせて塗装。なんとこのマンションはウェルカムドアで、内側に開く。

  • サニタリー関係は大幅な変更が出来なかった。洗面スペースを壁の反対側の和室押入れ側に少し引込めた。写真を撮ってるのはトイレから。

    サニタリー関係は大幅な変更が出来なかった。洗面スペースを壁の反対側の和室押入れ側に少し引込めた。写真を撮ってるのはトイレから。

  • ユニットバスは前オーナーが交換してまだ程度が良かったため水洗カランの変更、1面壁をシート貼り、横に長い鏡を付けることで雰囲気は一転した。

    ユニットバスは前オーナーが交換してまだ程度が良かったため水洗カランの変更、1面壁をシート貼り、横に長い鏡を付けることで雰囲気は一転した。

  • そんなに広いと言えるスペースは無いトイレだが小さいながらでも窓があるのがうれしい。

    そんなに広いと言えるスペースは無いトイレだが小さいながらでも窓があるのがうれしい。

  • 南西の洋間からバルコニーに出て南西方面を見た景色。鳥避けのネットも最初は気になるが土手に咲く桜の花や夕日の美しさに気にならなくなるだろう。

    南西の洋間からバルコニーに出て南西方面を見た景色。鳥避けのネットも最初は気になるが土手に咲く桜の花や夕日の美しさに気にならなくなるだろう。

  • 古いながらも何か引き寄せられる雰囲気がこのマンションの供用部にはある。

    古いながらも何か引き寄せられる雰囲気がこのマンションの供用部にはある。

  • 各戸の玄関前にあるこのストックがたまらなく良い、牛乳受けのステッカーが貼ってあるのが昭和を感じさせる。

    各戸の玄関前にあるこのストックがたまらなく良い、牛乳受けのステッカーが貼ってあるのが昭和を感じさせる。

  • 松山の中でも名作と言えるマンションだと思ってる。

    松山の中でも名作と言えるマンションだと思ってる。

  • ①洗面所の扉も無かった。②和室が3間もある昭和のマンション ③玄関付近もある意味雰囲気はあった ④窓に寄せてキッチンがあった ⑤洗面所が狭かった ⑥湯沸かし器月古いキッチン

    ①洗面所の扉も無かった。②和室が3間もある昭和のマンション ③玄関付近もある意味雰囲気はあった ④窓に寄せてキッチンがあった ⑤洗面所が狭かった ⑥湯沸かし器月古いキッチン

  • ①シックな雰囲気のリビングに変貌 ②バルコニーから洋間とリビングを撮る ③落ち着いた雰囲気の玄関 ④最新のキッチン、給湯はボイラーから引っ張ってくる工事もした ⑤洗面スペースを少し広くした ⑥ガスコンロは高級なものに変更

    ①シックな雰囲気のリビングに変貌 ②バルコニーから洋間とリビングを撮る ③落ち着いた雰囲気の玄関 ④最新のキッチン、給湯はボイラーから引っ張ってくる工事もした ⑤洗面スペースを少し広くした ⑥ガスコンロは高級なものに変更

  • 旧の間取りと比べて玄関スペースを大きくとったのが特徴、専有面積の割に大きくとるのはある意味冒険だが意外に前よりも広く感じる。

    旧の間取りと比べて玄関スペースを大きくとったのが特徴、専有面積の割に大きくとるのはある意味冒険だが意外に前よりも広く感じる。

昨年から始まった新たなリノベプロジェクトの第2弾は中古マンションリノベーションでした。このマンションを選んだのはこのマンションは過去に2部屋リノベーションに携わったマンションだったからです。昭和の雰囲気が残るエントランスや供用部も清掃や管理が行き届いており、松山市内では人気の学校区でもあるためファミリー層にも訴求できる立地です。しかし今回、3LDKであった間取りを2LDKにしました。ファミリーで住むには部屋数が足りないくらいですが広いリビングを求める1~3人で住む家族の要望があるだろうと販売する側からすれば潰しがききにくい間取りにしました。

まず玄関入ると左手に広いスペースを取りました。ここは敢えて玄関収納というBOXを作らないでオープンで棚を設け、ベンチ収納も配置しました。そこからキッチンへ扉を開けるとダイレクトに入れるようになってます。普通のマンションは長いローカを進んでようやくキッチンへたどり着く間取りが主流だったのですが、やはり玄関からすぐキッチンへ行ける方が便利。料理中にお客さんが来ての対応も動線が短いので楽、買い物してすぐに食材を冷蔵庫へ運ぶのも楽です。

サニタリー関係は古いマンションにありがちなコンクリートで囲われていたため配置もあまり替えれませんでしたが洗面スペースの反対側が和室の押し入れだったことも有り、洗面スペースを広くすることは出来ました。配管むき出しになっていたものは色を塗って清潔感を出したりしてます。

南側に面したバルコニーはやはり良いですね、敢えてそこに面するように主寝室を取るようにしました、LDKが南北に長くなりがちですがローカを取らなかったことにより延べ床面積の割には広く空間が確保できました。和室は本のおまけの感覚で残したのですが意外にダイニングスペースにうまく繋がって良い感じに、こちらのご購入者様は冬には炬燵を広げて皆でワイワイ出来るからいいねとおっしゃってました。

施工工事:丸興建装社 企画・販売:アールホーム 事業主:㈱ナカタ不動産 参考再生施工金額:3,300,000円(消費税・家具代は含んでいません)