「昭和50年代の古さを感じさせない 再生中古住宅という選択」|施工例|R HOME(アールホーム)

Gallery

「昭和50年代の古さを感じさせない 再生中古住宅という選択」

  • 再生後の外観写真

    再生後の外観写真

  • 玄関タイルも張替て外壁も吹き付けし直して清潔感ある外観に。白い壁に植物が映える。建物の周りは砂利敷きに、防犯面でも良い。

    玄関タイルも張替て外壁も吹き付けし直して清潔感ある外観に。白い壁に植物が映える。建物の周りは砂利敷きに、防犯面でも良い。

  • 玄関入って奥の扉がリビング、手前右がトイレドアでドアの左上に明かり窓付き、手前左は半減の物入れ戸、右奥が洗面入り口度。照明もダウンライトですっきりと仕上がった。

    玄関入って奥の扉がリビング、手前右がトイレドアでドアの左上に明かり窓付き、手前左は半減の物入れ戸、右奥が洗面入り口度。照明もダウンライトですっきりと仕上がった。

  • トイレは床クロス張替でウォシュレットのリモコンもペーパーホルダー一体ですっきりしたデザインのものに変更。

    トイレは床クロス張替でウォシュレットのリモコンもペーパーホルダー一体ですっきりしたデザインのものに変更。

  • 洗面スペースはもとものそんなに広くなかったために洗濯機スペースを重要視して洗面台は幅の狭いタイプを選んだ。

    洗面スペースはもとものそんなに広くなかったために洗濯機スペースを重要視して洗面台は幅の狭いタイプを選んだ。

  • ユニットバス、追いだきや乾燥機など最新のものはないがシンプルで清潔感のあるものに変わった。ここであまり予算を使わないで他のものに予算を配分。リノベーションはこの辺りのせめぎあいが面白い。

    ユニットバス、追いだきや乾燥機など最新のものはないがシンプルで清潔感のあるものに変わった。ここであまり予算を使わないで他のものに予算を配分。リノベーションはこの辺りのせめぎあいが面白い。

  • 和室への入り口戸と階段。階段は元々カーペット巻き込みだったのでそのまま新しい物で巻き込んだ。1階の扉はゼブラ柄で統一、2階は逆にホワイトで統一した。

    和室への入り口戸と階段。階段は元々カーペット巻き込みだったのでそのまま新しい物で巻き込んだ。1階の扉はゼブラ柄で統一、2階は逆にホワイトで統一した。

  • 元々和室は1間幅の床の間があったが収納に変えた。中はクローゼットとして使えるように天棚とステンレスパイプのシンプルな感じに。玄関に近いのでコート等を掛けておくのには便利。

    元々和室は1間幅の床の間があったが収納に変えた。中はクローゼットとして使えるように天棚とステンレスパイプのシンプルな感じに。玄関に近いのでコート等を掛けておくのには便利。

  • もともとテーブルが置いてある所に壁と建具があったが取り払って広いリビングに。対面式とのアイディアもあったが無理にそれにこだわることで逆に使い勝手が悪くなることが想定されたために写真のようなLDKに。

    もともとテーブルが置いてある所に壁と建具があったが取り払って広いリビングに。対面式とのアイディアもあったが無理にそれにこだわることで逆に使い勝手が悪くなることが想定されたために写真のようなLDKに。

  • キッチン右横は以前は勝手口があったが冷蔵庫スペースを取ることの方がよいと考え壁にした。分電盤は写真に位置に元々あったが4回路しかなく14回路に増設した。モニター付きインターホンは便利、チャイムを残せば昭和の雰囲気を残せたがここは便利さを最優先。コンセント類はアース付きの最新のものに変更。

    キッチン右横は以前は勝手口があったが冷蔵庫スペースを取ることの方がよいと考え壁にした。分電盤は写真に位置に元々あったが4回路しかなく14回路に増設した。モニター付きインターホンは便利、チャイムを残せば昭和の雰囲気を残せたがここは便利さを最優先。コンセント類はアース付きの最新のものに変更。

  • 階段はこの後手すりがついて完成。グレーと壁の白がシンプルでいい。階段室は明るく作るのがコンセプト。

    階段はこの後手すりがついて完成。グレーと壁の白がシンプルでいい。階段室は明るく作るのがコンセプト。

  • 元々は和室だったが洋室へ変更。床はクッションシート仕上げ。建具はすべて白に統一、以前和室だったためにサッシが低い位置にあるので子供部屋よりは寝室にするのがベター。因みに完成形は低いサッシの方に内側にステンレスバーが手摺代わりに付く。

    元々は和室だったが洋室へ変更。床はクッションシート仕上げ。建具はすべて白に統一、以前和室だったためにサッシが低い位置にあるので子供部屋よりは寝室にするのがベター。因みに完成形は低いサッシの方に内側にステンレスバーが手摺代わりに付く。

  • ここは以前から洋室。窓下の収納は北側下屋を利用しての収納。2階の洋室2室は1間幅以上の収納が有。延べ床面積の割に収納が多いのが昭和の家の特徴かも。

    ここは以前から洋室。窓下の収納は北側下屋を利用しての収納。2階の洋室2室は1間幅以上の収納が有。延べ床面積の割に収納が多いのが昭和の家の特徴かも。

  • リビングから玄関方面を見たところ。カウンタータイプの白の下足入れが結構便利。少し高めについているが回覧板のはんこを押すのにちょうどいい高さ。

    リビングから玄関方面を見たところ。カウンタータイプの白の下足入れが結構便利。少し高めについているが回覧板のはんこを押すのにちょうどいい高さ。

  • 2階西側洋室の北窓から覗いた様子。瓦は今回リフォームしていないがまだまだ大丈夫なくらい綺麗。周りは人気の住宅街新築の平均価格は3000万円超。

    2階西側洋室の北窓から覗いた様子。瓦は今回リフォームしていないがまだまだ大丈夫なくらい綺麗。周りは人気の住宅街新築の平均価格は3000万円超。

  • 重苦しい巨大な後付けバルコニーが雰囲気を悪くしていたが取り払って吹き付けし直したので明るい家に。ご近所の方々も変貌ぶりに驚かれた。以前の建物も見られた方が完成形を見てこんなになるなら買っとけばよかったと思わず漏らされたのが印象に残った。

    重苦しい巨大な後付けバルコニーが雰囲気を悪くしていたが取り払って吹き付けし直したので明るい家に。ご近所の方々も変貌ぶりに驚かれた。以前の建物も見られた方が完成形を見てこんなになるなら買っとけばよかったと思わず漏らされたのが印象に残った。

  • 家を見せるのにはアイテムも重要。職人さんの手作りの子の行燈は注文してから3カ月もかかる一品。職人のこだわりを感じる出来栄えに購入者の方もお気に入られました。和室の窓際に置いて暖かな光を眺めながらの一献はたまらないかも。

    家を見せるのにはアイテムも重要。職人さんの手作りの子の行燈は注文してから3カ月もかかる一品。職人のこだわりを感じる出来栄えに購入者の方もお気に入られました。和室の窓際に置いて暖かな光を眺めながらの一献はたまらないかも。

  • ①一階の部屋に光を遮るほどの大型後付けバルコニーがあった。②昔ながらのキッチン右には勝手口もあった。③トイレはかろうじて水洗洋式。④湿式工法の浴室、昭和の息吹を感じる。⑤バルコニーのおかげで和室は暗くて不健康な感じがする。⑥二階の東側和室、ここは洋室に変更となる。

    ①一階の部屋に光を遮るほどの大型後付けバルコニーがあった。②昔ながらのキッチン右には勝手口もあった。③トイレはかろうじて水洗洋式。④湿式工法の浴室、昭和の息吹を感じる。⑤バルコニーのおかげで和室は暗くて不健康な感じがする。⑥二階の東側和室、ここは洋室に変更となる。

  • ①バルコニーが無くなりすっきり明るい外観に再生。②キッチンも新調で清潔感が出た。③トイレもウォシュレット付きに変更。④ユニットバスに変更したことで清潔感がでた。安心して入浴できる。⑤リビングも以前と比べれば使い勝手が良くなった。続きの和室があるのがうれしい。⑥二階東側和室が洋室に変貌。

    ①バルコニーが無くなりすっきり明るい外観に再生。②キッチンも新調で清潔感が出た。③トイレもウォシュレット付きに変更。④ユニットバスに変更したことで清潔感がでた。安心して入浴できる。⑤リビングも以前と比べれば使い勝手が良くなった。続きの和室があるのがうれしい。⑥二階東側和室が洋室に変貌。

まずリノベーションやリフォームをどうするか考えるときにまずは昭和の家は①今の平成の住まい方とどう違うのか?②どう改善すれば今のライフスタイルに合うのか?を想像したり考えたり人に聞いたりします。

この家はまずは前のオーナーが大きな3.6m×3.6mの大きな足つきバルコニーを2階に付けておりました。これでは間口が狭い土地に車が入るスペースがとれません。なおかつその影響で1階の部屋は南からの日差しが入りにくく昼でも暗くジメジメした印象でした。まずはこれを取り外すことか短くしたり車を止めやすくするために西側へズラす等の意見も出ましたが取り外すことで決定、すっきりとした外観に仕上がりました。外壁は吹き付けし直し、樋は交換や色塗りしました。

内部は間取りはあまり変更しておりません。2階の和室が洋間に変わり、1階の仕切られた台所と居間が同じ空間になって12帖のLDKになりました。また台所にあった勝手口を廃止して冷蔵庫を置くスペースにしたのも便利になりました。1階の和室は床の間をやめてクローゼットに変更、全体的にはクロスや床材の張替や交換、水回り(キッチン、バス、トイレ、洗面)は肌に直接触れる部分なので新品にしました。大規模な間取り変更をしなくても合理的に使える間取りだったので少しの間取りや使い勝手変更で平成の今でも充分に使える家に変再生しました。あと電気関係も分電盤を4回路から14回路にしてキッチン周りはアース付きコンセントにしてモニター付きインターホンもあり平成の新築並みのものにも変更。中だけ見るとサッシ以外はほぼ新築と見間違うくらいになってます。この物件はリノベーションとまで言えないけれども、ただのリフォームとは全然違う物件だったので、敢えて「再生中古住宅」と呼ぶ新しいジャンルに位置づけられる2番目の物件となりました。初期の形状を生かしつつ現代のモノも融合しながら補強や改善して新たによみがえらせたまさに再生。

施工工事:丸興建装社 企画・販売:坂本隆二 アドバイス:伊藤馨 参考再生施工金額:4,500,000円(消費税・家具代は含んでいません)