小さく区切られた和室ばかりの家を大胆に階段下で繋げる|施工例|R HOME(アールホーム)

Gallery

小さく区切られた和室ばかりの家を大胆に階段下で繋げる

  • キッチンはⅬ型キッチンを採用、キッチンから洗面、ウッドデッキに数歩でアクセスできる主婦動線を考えての配置

    キッチンはⅬ型キッチンを採用、キッチンから洗面、ウッドデッキに数歩でアクセスできる主婦動線を考えての配置

  • Ⅼ型キッチンはこういうスペースに限りがある物件には意外と配置しやすい

    Ⅼ型キッチンはこういうスペースに限りがある物件には意外と配置しやすい

  • ガスコンロ横のスペースも造り付けの収納を設けることで隙間なくできる上に収納率もアップする

    ガスコンロ横のスペースも造り付けの収納を設けることで隙間なくできる上に収納率もアップする

  • キッチンからすぐにアクセス可能な洗面所、もともとこの位置にあり、上部のサッシもそのまま採用。自然な光が取り込める上に壁面も多く洗濯機をおいても自然な光が上部から差し込んでんでくる

    キッチンからすぐにアクセス可能な洗面所、もともとこの位置にあり、上部のサッシもそのまま採用。自然な光が取り込める上に壁面も多く洗濯機をおいても自然な光が上部から差し込んでんでくる

  • ユニットバスは高価なものではないが新調

    ユニットバスは高価なものではないが新調

  • 玄関ドアを開けた様子、玄関タイルは昭和50年代新築当時のものをそのまま美装だけで、下足入れ追加、柱を塗装することで古臭さを軽減

    玄関ドアを開けた様子、玄関タイルは昭和50年代新築当時のものをそのまま美装だけで、下足入れ追加、柱を塗装することで古臭さを軽減

  • 和式トイレだったが洋式便器に変更、サッシはそのままで窓枠は塗装することで全然違った雰囲気に変わった

    和式トイレだったが洋式便器に変更、サッシはそのままで窓枠は塗装することで全然違った雰囲気に変わった

  • 直階段、色を塗り分けることで昭和の古臭かった階段のイメージが変わった、登り切ったところ正面の窓は勝手口戸が付いていたので変更した

    直階段、色を塗り分けることで昭和の古臭かった階段のイメージが変わった、登り切ったところ正面の窓は勝手口戸が付いていたので変更した

  • 南側の和室、壁にクロスを貼り、襖紙を替えて天井もクロスに変更、それ以外はほとんど触らず

    南側の和室、壁にクロスを貼り、襖紙を替えて天井もクロスに変更、それ以外はほとんど触らず

  • 2階北側和室、襖交換やクロス工事のみ、ほとんど2階の2部屋には予算を使わないで1階をメインで考えたリノベーションだった

    2階北側和室、襖交換やクロス工事のみ、ほとんど2階の2部屋には予算を使わないで1階をメインで考えたリノベーションだった

  • 階段も上からと下からでは色が違う。塗分けはある意味インパクトがある。2階踊り場は半畳しかない

    階段も上からと下からでは色が違う。塗分けはある意味インパクトがある。2階踊り場は半畳しかない

  • 階段下は以前は押し入れだったがキッチン部分と繋げることで明るく使いやすい間取りになった

    階段下は以前は押し入れだったがキッチン部分と繋げることで明るく使いやすい間取りになった

  • 小さな家で2LDKなので3人家族までを想定、Ⅼ型対面式にしたためダイニングテーブルを写真のように設置することで無駄なく使うことができる

    小さな家で2LDKなので3人家族までを想定、Ⅼ型対面式にしたためダイニングテーブルを写真のように設置することで無駄なく使うことができる

  • お問い合わせたくさんいただきましたがもともとこの家にあった昭和の婚礼ダンスをリノベーション、そのままこの家に置いておくことにした

    お問い合わせたくさんいただきましたがもともとこの家にあった昭和の婚礼ダンスをリノベーション、そのままこの家に置いておくことにした

  • キッチン横にウッドデッキ、屋根がついてるので洗濯物も干すのも便利、2階のバルコニーをやめて1階にウッドデッキを取るのは使い勝手は良し

    キッチン横にウッドデッキ、屋根がついてるので洗濯物も干すのも便利、2階のバルコニーをやめて1階にウッドデッキを取るのは使い勝手は良し

  • 北側にリビングを取るという発想は田舎では受け入れられにくいが、いざ造ってみると北側道路で明るく風も入って意外に快適だった。南側に家が建つ競った住宅地ならこういう発想もアリだと改めて勉強になった

    北側にリビングを取るという発想は田舎では受け入れられにくいが、いざ造ってみると北側道路で明るく風も入って意外に快適だった。南側に家が建つ競った住宅地ならこういう発想もアリだと改めて勉強になった

  • 電柱を移動、足つきバルコニーで車を停めるのに一苦労だったがそれらをすべて解決すると、すっきり明るい家に変わった

    電柱を移動、足つきバルコニーで車を停めるのに一苦労だったがそれらをすべて解決すると、すっきり明るい家に変わった

  • ①1階北側和室、この先がキッチンとは想像がつかない ②電柱とバルコニーが駐車の邪魔 ③湿式工法のバス ④個々の家具ほとんどリノベしました ⑤キッチンは洗面所を通らないといけなかった ⑥洗面化粧台の位置は交換しました ⑦和式トイレでした ⑧玄関の雰囲気は昭和そのもの

    ①1階北側和室、この先がキッチンとは想像がつかない ②電柱とバルコニーが駐車の邪魔 ③湿式工法のバス ④個々の家具ほとんどリノベしました ⑤キッチンは洗面所を通らないといけなかった ⑥洗面化粧台の位置は交換しました ⑦和式トイレでした ⑧玄関の雰囲気は昭和そのもの

  • ①和室とキッチンを階段下で繋げたLDK ②電柱を避けてバルコニーを撤去した外観 ③ユニットバスに交換 ④この家にあった婚礼家具をリノベ ⑤Ⅼ型キッチン ⑥洗面化粧台交換 ⑦和式から洋式へ ⑧玄関の雰囲気も随分変わりました

    ①和室とキッチンを階段下で繋げたLDK ②電柱を避けてバルコニーを撤去した外観 ③ユニットバスに交換 ④この家にあった婚礼家具をリノベ ⑤Ⅼ型キッチン ⑥洗面化粧台交換 ⑦和式から洋式へ ⑧玄関の雰囲気も随分変わりました

またこんな家見つけてきたんですか?(笑)みたいなスタートでした。

恐らくリノベーションする前に家を見ると買うのを少し躊躇う家だったかもしれません。

先ず車が軽1台しか停めれない、それは電柱が駐車スペース入り口に少し被って幅のある車が停めれませんでした。さらにその駐車スペースの上が足つきバルコニーでさらに駐車が無理でした。

そして間取りはとにかく小さい、南側に6畳のキッチンがありましたが、洗面所を通らないとキッチンへは行けず、和式のトイレに1階は暗い北側の和室で2階は明るいけれども南北に一部屋ずつの2部屋和室。

 

それを見たときなんかワクワクしたんですよね、先ずは1階の和室をリビングに、そして階段下の押し入れを南側のキッチンと繋げて、対面式キッチンにして南側と北側から光を取り込む明るいLDKにする。そして南側の庭スペースに洗濯物を干せるウッドデッキを作って2階への行き来を減らす働く奥様の便利な動線にしたい、と思いました。

 

いろんなことをクリアしながらできたのがこの家です。この家にあった昭和の婚礼家具をリノベーションしたり、ダイニングテーブルも特注で造ったりといろいろ工夫もしたし、この家のリノベ工事経験で関東の都市部のコンパクトな家のリノベ提案も出来たりしたので、この家が無かったらあの家も無かった。実際販売も時間がかかったりとで今までの中で一番印象に残る、勉強できたリノベーション物件です。

 

記事:坂本隆二

施工工事:有限会社丸興建装社 企画・販売:アールホーム 事業主:㈱ナカタ不動産 参考再生施工金額:6,000,000円(消費税・家具代は含んでいません)